西宮で執り行われている葬儀の形態は多様です

subpage01

社会環境の大きな変化に伴い、人々の意識や価値観も根本的に変わってきつつあります。

毎日新聞の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

従来は、多くの参列者に来てもらっての一般葬が主流でした。


昨今では、直葬や家族葬、社葬、お別れ会、自然葬などと、実にさまざまな形態があります。
直葬とは、儀式はせずに、直接、火葬するだけのものです。
経済的な理由で行われることもありますが、菩提寺が離れた地にあることで、早くお骨にしたい人が選択する形態です。
家族葬とは、基本的には家族のみ、あるいは、親族や故人と親しかった人たちだけで行う少人数の葬式です。
形式にとらわれず、故人としんみりと最後のお別れができる点は好ましいのですが、事前に趣旨を周知しておかないと、後日にトラブルが発生することもあります。


西宮でもよく行われています。社葬とは、企業に貢献度の高かった故人に対して、企業が主催して執り行うものです。

昨今では、「お別れ会」との名称で行われていることが多いです。さらに、山や海が好きであった故人を、山や海に散骨するのが自然葬と呼ばれているものです。



西宮でもさまざまな形で人生最後の儀式が行われており、中には、まだ存命中であるにもかかわらず、生前葬の形で葬儀を行うケースもあります。

もちろん、それぞれに良いところや問題点がありますので、どの葬儀が最もふさわしいのかを総合的に判断して決定すべきです。

西宮には多くの葬儀会社がありますが、専門家に相談するのもいいヒントを得られることでしょう。

故人のために、そして、残された家族のため最もプラスになる葬儀をするのがベストであることは言うまでもありません。

尼崎の葬儀の情報が必要な方必見です。